淋病に感染してから発症までには、数日かかることが確認されています。約2日~7日以内に発症する人が多いことがわかっています。性行為をしてから一週間以内に初期症状が現れた場合は、淋病に感染している可能性があります。淋病の感染の原因としてあげられているのは、避妊具を一切使わない状態で行われた性行為だと言われています。

もちろん100パーセント感染してしまうわけではありませんが、完成のリスクは大幅に上がってしまうのは言うまでもありません。このリスクを軽減するためには、必ず避妊具を使用するということです。生殖器が直接触れることがない限り、淋菌を感染させたり感染させられたりするリスクは大きく減ります。

しかし避妊具を使わずに性行為をした場合、淋病に感染したり感染させたりするリスクが大きくなるので気をつけなければいけません。淋菌自体は非常に弱い菌なんで、少しだけ気をつけるだけでも感染を予防したりすることができます。淋菌は環境の変化に非常に弱く、特に乾燥や温度変化は淋菌を死滅させる方法の中でも手軽な方法だと言えます。

普段から行っている性行為を、見直すことから始めるといいかもしれません。また子供を作る目的以外の性行為を行う時は、必ず避妊具を使用するようにしましょう。淋病の発症までには、数日かかることがわかっています。避妊具を使わずに性行為を行い、一週間以内にいつもと違う何かが起きた場合は感染を疑うことも必要になります。

発症するまでの数日感が何よりも大切な期間だと言えます。この潜伏期間に治療を行うことができれば、辛い思いをせずに完治させることができます。