好きな人との性行為を行ったあと、一週間以内に何らかの異変が起きた時はすぐに病院に行くようにしましょう。些細な変化でも見逃さないように、常日頃から自分の体調管理をするようにしましょう。淋病の感染の原因は性行為で、避妊具を一切使っていない人たちが感染することが多いことがわかっています。

妊娠を目的とした性行為の場合は、普段よりも気を使う必要があるとも言えます。淋病の潜伏期間は約1週間にも及びます。特に避妊具を使わずに性行為を行った場合は、1週間の間は自分の健康を管理することが必要になります。今若い世代で淋病が流行りだしている原因の一つとして、避妊具を使わずに性行為を行う若者が増えているからだとも言われています。

避妊具は無駄な妊娠を防ぐだけではなく、感染症などの感染を防いだりする働きもあります。妊娠を目的とした性行為の場合は除き、普段の性行為では避妊具を使うようにしましょう。感染症を防ぐためできることは、必ず性行為を行う時は避妊具(コンドーム)を使うことに限ります。

感染が起きてしまうのは、感染者と感染していない人の生殖器が直接触れることで感染しています。このような状況を作らないようにすれば、淋病の感染も繁殖も防ぐことができます。コンドームは避妊の目的だけではなく、感染症の感染などを防げる効果も持っていることを忘れてはいけません。

常日頃から性行為を行なう時にはコンドームを使うように習慣付けることも感染をしないための良い習慣だと言えます。少しでも感染のリスクを減らす方法を身につけていくようにしましょう。それが淋病を防ぐことに大きくつながります。