ここ数年で感染者を増やし続けている淋病という感染病は、性行為を行うことで感染します。この淋病に感染すると男性と女性では完全に異なる症状を発症することが確認されています。男性と女性ではどのような症状を引きおこすのか、これを知ることがいち早く感染しているか見極めることにつながります。

■男性が感染した場合
男性が淋病に感染した場合、まず初めに尿の出始めに痛みなどの症状が現れるようになります。この時点ですぐに病院にかかれば、大きな問題を起こさずに治療をすることができます。しかしこの初期症状を見逃してしまうと、治療期間が延びるだけでなく、生殖器の働きにも影響を及ぼしてしまいます。

急性尿道炎が主な症状として現れることが多く、そのサインが尿の出始めに痛みが生じるということになります。もしこのまま放置してしまうと、淋病の原因菌である淋菌が尿道を遡り、陰嚢の痛みや腫れを伴う精巣上体炎を引き起こすことがあります。

こうならないためにも、異変が生じた場合は速やかに病院に行くようにしましょう。

淋病の症状を男性の場合と女性の場合に分けてその違いを比較していきます

■女性が感染した場合
女性が感染した場合、男性の場合よりも厄介だと言えます。なぜなら自覚症状が現れることが少ないからです。初期症状としては子宮頸管炎や尿道炎が発症し、その後外陰部のかゆみやおりものの増加などが起きます。しかしこのような症状は感染した補任が淋病の症状として、認識することは少ないことがわかっています。

重症化してしまうと、子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こしてしまう場合があります。この場合は発熱や下腹部の痛みが起きるので、この時点で気づく人も多くいます。また妊娠中に感染した場合は、お腹なの中の子供にも影響が出る場合があります。特にお腹の中の子供の場合は結膜炎の原因になることがわかっています。

■初期症状を見逃さない
淋病を放置していると、大きな病気などの引き金になってしまうことは言うまでもありません。初期症状は少し体調が悪い時に起きやすい症状と似ているので見逃されがちですが、この初期症状さへ見逃すことなく気づければすぐに完治させることができます。大切なのは初期症状を見逃さないということです。

また淋病の原因になる淋菌は、簡単に死滅させることができます。抗生物質を注射することで、淋菌を確実に死滅させて完治させることができます。特に妊娠中の人は、初期症状にた症状が出てきた場合はすぐに病院で診てもらうようにしましょう。早期発見すればするほど治療もすぐに終わる、感染症の中でも治療方法が確立されていると言えます。

異変があったらすぐに病院に行くように心がけるだけで、淋病の発症を確実抑えることができます。

■まとめ
淋病は男性の場合と女性の場合では、初期症状が全く異なることがわかっています。初期症状を見逃さずに、確実に淋病を撃退するためには定期的な検査を受けるのが一番効果的だと言えます。淋病は確実に完治させられる病気なので、異変を感じた時は病院に行くように心がけましょう。

保険が適応される注射での治療を受けることができ、この注射を打つことで確実に淋菌を死滅させ完治させることができます。保険が適応されるからこそ、積極的に治療に臨んでいくようにしましょう。淋病を悪化させない方法は、初期症状を絶対に見逃さないという一点に尽きると言えます。

また淋病の感染経路は性行為を行った後に出ることが多いので、性行為をした後に初期症状に酷似した症状があわられた場合はすぐに病院に行きましょう。確実に治せる感染症なので、心配せずに病院にいくことが大切です。

コンテンツ一覧

メールはコチラ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

運営者データ

運営団体名
ROYMARYS.COM 運営事務局

サイト名
性感染症の一つである淋病がどういった病気なのかを探っていくサイト

サイトの紹介文
性感染症の中でもよく耳にすることがある淋病という病気がどういった病気なのかということを調査していき、コチラのサイトで紹介していくスタイルにしたいと思います。

サイトURL
HTTP://WWW.ROYMARYS.COM/

サイトのテーマ
淋病